News


アーティスト・イン・ミュージアム AiM 2017

公開制作:平成29年7月15日(土曜)~8月11日(金曜・祝日)

作家滞在予定日:7月15日(土曜)、16日(日曜)、22日(土曜)、23日(日曜)、29日(土曜)、

          8月6日(日曜)、11日(金曜・祝日)

成果展示:平成29年8月15日(火曜)~9月18日(月曜・祝日)

  ※休館日:8月21日(月曜)、28日(月曜)、9月4日(月曜)、11日(月曜)

 

トークイベント

  【日時】平成29年7月29日(土曜) 午後1時から午後2時まで

  【事前申込み】不要

  【参加費】無料

  【出演】渡辺泰幸(招聘作家)

      正村美里(岐阜県美術館副館長 兼 学芸部長)

  

パフォーマンス(公開演奏)

  【日時】平成29年8月6日(日曜) 午後4時30分

      平成29年8月11日(金曜・祝日) 午後1時・午後4時30分 各回15分ほど

  【事前申込み】不要

  【参加費】無料

 

  【出演】永田砂知子(パーカッショニスト・即興演奏家)


 Art Obulist 2016 「急げ!ゆっくり」/ Hurry! slowly
■会 期 : 2016年10月6日(水) ~ 10月16日(日) 
■会 場 :大府市勤労文化会館 
■主 催 :大府市文化スポーツ振興課
■参加作家:トーマス・A・クラーク ダニエル・ゲティン&ゲルダ・マイセ
      渡辺英司 堀田直輝 岡本光博 加藤優一 前谷康太郎 
      ボン靖二 小川智彦 水無瀬翔 杉山卓郎 渡辺泰幸


『郡上に棲む精霊たち』
■会 期 :2016年10月14日(金)~16日(日)
           午前10:00~午後5:00
         ※最終日は午後4:00までとなります。

■会 場 :郡上市八幡町新町周辺
         ① 旧越前屋:岐阜県郡上市八幡町新町926
         ② 小椋邸:岐阜県郡上市八幡町島谷936
         ③ 町家玄麟、郡上八幡水の学校:岐阜県郡上市八幡町新町939


とよたデカス・プロジェクト

 

『しデカス隊 月1ステップアップ勉強会』2月27日(土)19:00開催。

テーマは、【新潟、越後妻有におけるアートを活用した地域の取り組み】

この勉強会は、アートの魅力や可能性を伝えるため、様々な活動をされているアーティストや、まちづくりの取り組みなどを紹介するプログラムです。

第 1回目は、小渡に縁のある風鈴なども扱い、さまざまな地域でのアート活動に関わられているアーティスト渡辺泰幸氏をお迎えし、作品の紹介やさまざまなエリアのアートプロジェクトでの経験をお話していただきます。特に小渡の環境にも近い、越後妻有などの山あいでのアートプロジェクトの活動などについてお聴きします。


大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015に参加します。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

■会 場 : 越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)760k㎡

■会 期 : 2015年7月26日(土)~2015年9月13日(日)の50日間

■主 催 : 大地の芸術祭実行委員会

■共 催: NPO法人越後妻有里山協働機構

 

渡辺泰幸 実の音                                  

会場:新潟県十日町市土市 

作品番号:T324

 

音具演奏会 「実の音を聞く」

   演奏家 永田砂知子
   開催日 8月1日(土)14:00〜15:00
   場所  水沢保育園そば(駐車場は水沢公民館)(十日町土市2区)
              雨天時 水沢公民館
   料金    無料
   ご予約 不要 
   お問い合わせ
   大地の芸術祭実行委員会 
   Tel:025-757-2637
   email:info@echigo-tsumari.jp


愛知ノート ー土・風土・記憶ー

やきものは社会に深く刻み込まれた存在ですが、今日、やきものを生み出してきた風土やその記憶が見えにくくなっています。本展では、様々な芸術作品と関連資料を通じて、大窯業地を抱える愛知という場を描きだします。

 

■会 場 : 愛知県陶磁美術館

■会 期 : 2015年1月10日(土)~2015年3月15日(日)

愛知県陶磁美術館「愛知の土の音を聞く」
 3月15日(日)演奏:本館 午後1時30分から
 永田砂知子氏(演奏家)

 


世界とつながる本当の方法 みて・きいて・かんじる陶芸 


■会 場 : 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ

■会 期 : 2014年11月8日(土)~2015年3月15日(日)

■休館日 : 月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月5日)

■開館時間 : 午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)

■観覧料 : 一般330円(270円)、大学生220円(160円)、高校生以下無料

*( )内は20名以上の団体料金

■主 催 : 岐阜県現代陶芸美術館

 

■演奏会「土の音」

  日 時 : 2014年11月8日[土]14:00-15:00 

  演 奏  : 永田砂知子氏

  会 場  : 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ

  渡辺泰幸の作品≪土の音≫を演奏家永田砂知子が奏でます。

  また、観客を巻き込んだワークショップも行います。

 *参加には展覧会観覧券が必要です/事前予約不要



北川フラムさん著作『美術は地域をひらく 大地の芸術祭10の思想』に「土の音」が紹介されました。

 


 風の音 みのかも文化の森 美濃加茂市民ミュージアム 2013


くうちゅう美術館

会期:平成25年11月10日(日)〜11月15日(金)公開制作期間

          11月16日(土)〜11月24日(日)展覧会開催期間

会場:名古屋テレビ塔2F•3F

 

風鈴に絵付けワークショップ

 渡辺泰幸+きそがわ日和

 日時:11月16日(土)17日(日)14:00~17:00(エキシビジョンスペースD)予約不要(くうちゅう広場)

 


第4回 風と土の芸術祭
Artown(アートタウン) in Misato 2013 — 過去・現在・未来 —

会期:平成25年9月14日(土)~9月23日(月) 計10日間

会場:会津美里町本郷地域内の指定場所(主に瀬戸町通り周辺)

 

ワークショップ
 講師:渡辺泰幸+きそがわ日和
 「風鈴の絵付けをしよう」
9月15日(日)10:00~ 楢葉町宮里仮設住宅北集会所


森の音・川の音 渡辺泰幸展

会期:2013年6月22日(日)ー9日1日(日)

会場:美濃加茂市民ミュージアム 美術工芸展示室

 

渡辺泰幸ワークショップ作品

 会期:2013年7月21日(日)ー9日1日(日)

 会場:美濃加茂市民ミュージアムの森

 

きそがわ日和ワークショップ作品

会期:2013年7月20日(日)ー9日1日(日)

会場:中山道太田宿界隈

 

美濃加茂市民ミュージアムでは「地域ゆかりの作家」をテーマに、美濃加茂市

を中心とするこの地域の作家の作品収集や展示、ワークショップなどを開催し

てきました。 このたびは美濃加茂市出身の造形作家・渡辺泰幸(1969年~)

を紹介します。
渡辺泰幸は、陶を素材とした作品制作を続けています。 成形の後、焼成した

作品は太鼓のように叩いたり、鈴のように揺らして音を愉しむことができます。

土の素朴なかたち、見て、触れて、音を聞く。渡辺泰幸の作品は、私たちの様

々な感覚を刺激してくれます。 この展覧会では、2012年度に作家より寄贈を

うけました新収蔵作品を展示します。
美濃加茂市民ミュージアムと中山道太田宿界隈で行われるアートイベント

「きそがわ日和」の両会場でワークショップ「森の音・川の音」を開催し、白い

陶の風鈴を作ります。 完成した風鈴は美濃加茂市民ミュージアムの森と木曽川

周辺に飾ります。
また、風鈴を展示している期間中に、森と川をつなぐパフォーマンスをおこな

います。 日程などの詳細は文化の森ホームページ内「お知らせ」欄に掲載

予定です。
森の木立と川沿いの町、初夏の風を受けて響く、やわらかな土の音をお楽しみ

ください。

 


 

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012

会期:2012年7月29日(日)—9月17日(月)

会場:越後妻有地域(新潟県十日町市、津南町)760㎢

 

渡辺泰幸 風の音

会場:十日町市土市招魂社 

作品番号:T277

 

演奏会:「風の音を聞く」

 日時:8月15日15:00ー

 演奏家:永田砂知子

 

北川フラム 2012年08月14日 8月14日、多くの人が来てくれている

渡辺泰幸『風の音』(T277)の土市の忠魂碑の丘に吊るされた無数の素焼き、にわかに風が流れ、それらの風鈴がチロチロ、チリチリ、チラチラと重なるのは巧まずして聞く天然のオーケストラのようで、場所、高さ、景の違いによる音のズレは驚きだった。昔、話に聞いたギリシャの丘を渡るヤギの鈴の音はかくの如きものだったのかと思います。